• 南大門
南大門]

今は平穏なカンボジア。
新しい遺跡への観光も続々許可されています。

インドシナ半島の中央に位置するカンボジアは、タイ、ベトナム、ラオスと隣接してあり、大河メコンと東南アジア最大の湖であるトンレサップ湖の自然の恵みに支えられています。アンコール・ワットを始めとした、かつてインドシナ半島を支配したアンコール王朝の栄華をしのばせる数々の貴重な遺跡群は世界遺産としても知られており、それを一目見ようとカンボジアへ足を運ぶ人々は年々増えています。 1953年、カンボジアはフランス統治の時代を経て独立したものの、隣国で行われていたベトナム戦争やクーデターなどに見舞われ、なかなか国内の情勢は整いませんでした。
さらに、1975年にはポル・ポト政権が成立し、内戦が激化。その後、国連が紛争の解決に乗り出し、1993年に新生カンボジア王国が誕生して現在に至っています。治安や経済など復興へと着実に歩みを進めています。 近年ではカンボジアへ訪れる観光客の増加に伴い、一流ホテルが続々と進出。遺跡の街シェムリアップでは75軒以上のホテルが建ち並び、高級志向のリゾートタイプのホテルも充実しています。世界遺産、アンコール遺跡群を見ながらリゾートライフを送れる時代となり、カンボジアはこれまで以上に注目されています。

正式国名 カンボジア王国 KINGDOM OF CAMBODIA
国旗 カンボジア国旗国旗の意味と由来
1993年に旧王国時代の国旗が復活したもの。 青色は王室の権威を、赤色は国民の忠誠心を、白色は仏教を象徴する。 中央に描かれた建物は国民の宝であるアンコールワット寺院。
面積 18.1万km2(日本の約0.5倍)
人口 1.220万人
言語 クメール語(カンボジア語)
宗教 仏教(国教)・回教(チャム族)・キリスト教など
*信仰の自由は憲法で保障されている
首都 プノンペン
政体 立憲君主制(1953年仏から独立)
元首 ノロドム・シハモニ国王(2004年〜)
議会 二院制(国民議会+上院)
内閣 首相フン・セン(人民党)